【Scan Stamp-手書きスタンプ】LINEスタンプをスキャンして作れる!スマホアプリ

Scan Stamp-手書きスタンプ

LINEスタンプを手軽に無料で作りたい方にはもちろん、商業目的はないけど自分のアルバム内の写真を賑やかに彩りたい方にもオススメの無料アプリです。

以下に使い方を説明します。まず、アプリをインストールしたらアプリから撮った写真が自分のスマホの画像フォルダに保存されるようにします。「設定」→「各種設定」→「画像ローカル保存」をONにします。これで、アプリ内の画像とスマホ内の画像がリンクするようになりました。

つづいて、実際にスタンプを作ってみましょう。アプリの最初の画面の中から「新規作成」をタップします。次に「カメラ」→事前に白い紙にペンで書いておいた下書きを撮影→「写真を使用」このアプリの便利なところは、この時点で撮った写真の白色部分が透過されること!面倒な手順が無くなるんですね。

さらに、線をはっきりさせるために画面下の◯を左右に動かしたり、画像内に余分に写り込んでしまった黒い線を消すためにその部分を指でこすって微調整を行います。それが終わったら「保存」→「OK」で写真の透過処理とスタンプの保存が終了です。

今までに作ったスタンプはアプリ内の「アルバム」に保存されるため、いつでも何個でも使えます。

また、写真にスタンプを押すときにスタンプの色が選択できるのも嬉しい点ですね。以下に注意点・惜しい点を述べます。このアプリは2色以上の色から構成されるスタンプを作るのには向いていません。下書きの写真を撮るときに全てモノクロになるからです。

もし2色以上から構成されるスタンプを作りたいなら、このアプリでスタンプの保存(モノクロの状態)まで終わった後、PCで作業する必要があります。私の場合はそこまで求めていなかったためPCでの手順は述べられません。

また、下書きの際、ペンの筆圧などで微妙なインクの色の差が出た場合、それらもスタンプに結構反映されてしまうため、下書きはマジックなどで行うことをオススメします。

Scan Stamp-手書きスタンプの魅力

このアプリの特徴は、とにかく簡単にスタンプが作れることです!PCもスキャナーも必要ありません。コンビニなどで普通に売っている真っ白な紙のメモ帳とペン、そしてこのアプリさえあればいいのです。LINEスタンプ作成に手を出してみたいけど、正直売れるかどうかわからないからあまりお金をかけたくない方にもってこいのアプリですね。スタンプ作成入門編としてはとても良いアプリだと思います。

infomation

毎月の通信費を安くしたい!
そんな方にオススメなのが今人気の格安スマホ!
ドコモやAUなど大手キャリアスマホを使っている方は毎月の通信費を大きく節約!
詳しく知りたい方はコチラ
一番安いスマホ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク