楽天ユーザーなら楽天モバイルで間違いない!

楽天モバイルは、音声通話SIM、SMS付きデータ専用SIM、データ専用SIMの3種類があるのですが、私は音声通話SIMを利用しています。
また高速通信容量は、0GB、3.1GB、5GB、10GB、20GB、30GBの中から選ぶのですが、私は5GBで契約しています。月額利用料は2150円です。

利用してみて、そのサービス内容におおむね満足しています。通話品質に関しては全く問題ありません。またdocomoの電波を利用していますので、通信エリアについてもdocomoと変わらず不便をすることはありません。最も気になる通信速度ですが、MVNOですのでキャリアほどに高速ではありませんが、通常のブラウジング、メール、SNSでの利用は全く問題がなく、動画の視聴に関しても標準画質であれば無理なく再生できています。

ただ、3日間での高速通信データ量に制限があるので注意が必要です。そのデータ量もプランごとに異なるのですが、3.1GBプランでは3日間で540MB、同じく5GBプランでは1GB、10GBプランでは1.7GB、20GBプランと30GBプランでは3日間での制限はありません。3日間での既定データ量を越えてしまうと高速通信が遮断され、最大3日間低速で通信しなければなりません。

しかし楽天モバイルでは、使用しているデータ量をリアルタイムで確認できるアプリが用意されているので、こまめにチェックすることによって制限が掛かるのを防ぐことができます。また、同じアプリで高速通信・低速通信を自由に切り替えられますので、必要な時以外は高速通信を切っておくという使い方もでき便利です。

そもそも私が格安SIMにしようと思ったのは、キャリアの利用料金があまりに高いと感じたからでした。私の場合、通信はそこまで高速でなくてもいいので、ランニングコストを安く抑えたいと思っていました。格安SIMはその需要にぴったり合っています。
また、すでに楽天が提供する他のサービスをいくつか利用していましたので、楽天モバイルで契約するのが最も得だと判断しました。楽天モバイルでは、支払い金額に応じて楽天ポイントを付与されるほか、楽天市場での買い物でポイントが上乗せされたり、楽天ポイントを楽天モバイルでの支払いに自動的に充当できたりと、楽天ユーザーにはお得なことが多いのです。

今悩んでいる方がいらっしゃれば、MVNOを自信を持っておすすめします。設定も特に難しくないですし、毎月の支払いはキャリアに比べてずっと安く済みますよ。どのMVNOにもメリット・デメリットがありますが、楽天ユーザーの方であれば楽天モバイルで間違いないと思います。

この記事を読んでいる方におすすめの記事

格安スマホの事についてもっと知りたい方は
格安スマホ おすすめ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク