【片づけられない人】簡単に片付けができる3つの方法

汚い部屋。

『汚部屋』なんて言い方をしたりもしますが、上手く部屋を片付けることができなくて部屋が散らかったままになってしまう人って多いみたいですね。

とても簡単なことなのですが、「ゴミをゴミ箱に捨てる」「使った食器は洗う」「洗濯した服はクローゼットにしまう」「ホコリを掃除機で吸う」などのことができずにいると確実に部屋は汚くなってしまいます。

使ったものは元あった場所に片付ける、これができない人も多いですよね。
使ったらそのままポイッとしてしまうという人は、あれどこに行ったかなーなんて探さなければならなくなってしまうこともあるでしょう。

私は神経質で潔癖症なので部屋が散らかってしまったり汚れてしまうようなことは決してありません。

でも、部屋をキレイに片づけるためのちょっとしたコツはあります。

すぐに部屋が散らかってしまう人、すぐ部屋が汚くなってしまう人、片付けたいのに片付けられない人、そんな人でも部屋をキレイに片づけることができる方法をご紹介したいと思います。

片付け方法その①「中にあるものを全て出す!」

部屋全体を片付けたい場合も、一部の収納部分を片付けたい場合も、まずは中にあるものを全て出しましょう。

出してみると「こんなもの持ってたかな?」なんてものが出てくる場合もありますし、「何でこんなもの取っておいたんだろう?」なんてものが出てくる場合もあります。

片付けられない人って、収納にどんどん押し込んでしまう人が多いのですが、収納の奥に入れてしまったものってなかなか把握しきれていません。

不要なものを押し込んでしまっていることもあります。

次のステップに進むためには、まずは中にあるものを全てだし、どんなものがあるのか把握しましょう。

片付ける方法その②「必要なものと不要なものを選ぶ」

全て出したものを必要なものと不要なものを選んで分けます。

・必要なもの
・分からないもの
・不要なもの
このように分けてみても良いです。

全てのものを選んで分け終えたら、最後に分からないに選んだものをもう一度考えます。
本当に必要なものなのか、不要なものなのか。

そして、不要なものはゴミ袋へ。

これを行うだけでも一気に不要なものを捨てることができて部屋も収納もスッキリとします。

注意して欲しいのが「いつか使うかも」です。
いつか使うかもと思って残しておくと、なかなか部屋は片付きません。長く使っていないものは思い切って捨てましょう。
いつか必要になることがあれば、また購入すれば良いのです。いつか使うかもと思って残してあるものって、意外と何年も使わないままですよね。
使うことなく終わるものもあると思います。

片付け方法その③「種類別に分ける」

②で必要なものを選んだら、次はそのものを種類別に分けます。

たとえば、クローゼットを片付けたい場合。
・スカート
・ジーンズ
・靴下
・下着
・スウェット
・ワンピース
・Tシャツ
・部屋着
・パジャマ
など、種類別に分けてから収納します。

クローゼットを片付けることができない人って何もかもがごちゃごちゃに収納されてしまっていることが多くあります。

スカートを入れる場所、靴下を入れる場所、部屋着を入れる場所など、収納する場所もしっかりと決めておけば、洗濯した後もその場所に入れるだけなので散らかるようなことはないはずです。

適当に収納しようとするとすぐに散らかってしまいます。

部屋全体で言うと、「リモコンはここに置く」と決めておけばリモコンがなくなることはありません。
「あれはどこに入れたかなー」なんて探し回ることもありません。

収納する場所を決め、使った後は必ずその場所に片付けるようにしましょう。
そうすることで部屋が散らかることはありませんし、キレイに片づけた部屋をいつまでも維持することができます。

「まとめ」

部屋が片付けられない人には共通点があります。

・ものを捨てることができない
・ものをしまう収納がない
・散らかったままでも気にならない
このような共通点です。

まず、ものを捨てることができないということですが、理由はいろいろとあると思いますが思い切って捨ててしまうのも決して悪くはないと思います。
思い出の品などは捨てにくいでしょうし、いつか使えるかもしれないものはもったいなくて捨てられないでしょし、気持ちはよくわかるのですが部屋が片付かない大きな原因になってしまいます。
本当に必要なものなのか、よく判断して不要なものは思い切って捨てましょう。

ものをしまう収納がないということなのですが、部屋が狭かったり収納スペースが小さいと、ものをしまう場所も少なくなってしまいますよね。
このことからも不要なものは思い切って捨てる、そしてものをしまう場所をしっかりと決める、使った後はその場所にしっかりと片付けるようにする、これで部屋が散らかることはなくなるはずです。
少ない収納スペースでもキレイに片づけることはできますし、片付けることを習慣化すればキレイな部屋を維持することができます。

最後に、散らかったままでも気にならないということなのですが、神経質で潔癖症の私には全く理解できない難しい問題です。
私の知り合いには、ものがたくさん置かれていて散らかって汚れたままのダイニングテーブルでも気にすることなく食事ができる人がいます。片付けられない人はなぜ散らかったままでも気にならないのか、それは「散らかっているという自覚がないから」なのです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク