女性を待たせてはいけない!冷やかしでは無い事を分かってもらう為に…

複数の出会い系サイトを利用していますが、その日はワクワクメールで可愛い人を見つけました。どんな人を探しているのかなど、普通の内容でメールを送ってみたら、しばらく経ってから返事が返ってきました。「なんとなく会える人を探している」とのこと。

目的はどうやら「大人の交際」の様子です。何回かやりとりを繰り返しながら、お互いの状況を探っているうちに、ちょっと会ってみようかという流れになりました。先方が指定してきたのは街中にあるコンビニエンスストアです。

30分後に待ち合わせることに決めて、身支度をして車に乗り込みました。あまり待たされるのも嫌なので「いま出ました」とメールを送って出発です。「着いたら連絡を下さい」との返事。「まもなく着きます」と返しましたが、あいにく駐車場にスペースがなく周囲をもう一回りしてみました。

しかし、遠目で見た感じ、それらしい女性が来ている気配はありません。

「車が置けないので、もう少し待って下さい」とメールをして、ようやく駐車場に入れたのは約束の時間を10分ほど過ぎた時間でした。「着きました」とメールを送って、女性が来るのを楽しみに待っていたのですが…いつまで経っても現れる気配はありません。

もしかして店内にいるのかなと思って、店に入りましたが、それらしい姿を見つけることはできません。しかたないので水だけを購入して車に戻ると、女性からメールが来ました。「車が来ないので冷やかしだと思って帰りました」「メールが軽い感じで絵文字も多く、からかわれたかなって思って」。その段階で気持ちが切れてしまい、結局会うこともなく帰宅しました。

待たされるのが嫌で、途中経過を送っていたのですが、よく考えれば女性も同じこと。さらに女性のほうが怖い思いをする可能性は高いわけです。

冷やかしでないことを分かってもらうためには、到着してから「着きました。待ってます」とメールするのが正解だったのだと思います。私がしたように、女性も離れた場所から様子をうかがっているので、来た様子がないと、冷やかしだと判断されてしまいます。

そして、もう1点はメールの内容です。緊張をほぐそうと、軽い文体で書いていて絵文字を多用していました。女性側には「この人は軽くて冷やかしなんじゃないか」との懸念をい抱かせたようです。

文章が固くなる必要はないと思いますが、ふざけた内容にはしないで、できる限り丁寧に書くことが必要なんだと学びました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする