毎月の通椎費を安くする方法

毎月のスマホの料金

パソコンや携帯電話を利用するときに発生する「通信費」を節約するなら、格安スマホを活用しましょう。
自宅にパソコンがあってもあまり使わない場合は、通信回線をスマホだけに絞る。
これだけでも、ずいぶん差が出ます。
スマホのデータプランにもよりますが、月額利用料金は、大手キャリアで6000円~10000円程度。格安スマホにすれば、2000円~3000円程度に抑えることも可能です。

パソコンでネット回線を使っているなら、さらに5000円程度はかかるでしょう。固定電話があれば、さらに通信費がかかります。

総額だと数万円はするでしょうか。固定費とはいえ、毎月数万円の出費はつらいですよね。

夫婦だけの家庭や、子供がいてもパソコンをあまり使わない家庭、一人暮らしの方。思い切って固定電話とパソコンをなくしてみてはいかがでしょうか?

特に一人暮らしの場合、仕事で長時間家にいなくて、固定電話を使わない方は必見です。外部との連絡は、手持ちのスマホ1本に絞る。

ネットを使うときはスマホ経由で行う。通信を行う媒体をスマホ1つに絞り込むことで、余計な出費をしなくて済むのです。

非常にシンプルな方法なので、試す価値ありですよ!

ただし、場合によっては、固定電話やパソコンがあったほうが良い場合もあります。
固定電話の場合、携帯電話と比べると通話料が大幅に安くなります。
FAXも利用できますし、ローンを組む時も、固定電話の番号を記載したほうが信用を得やすくなります。

意外なメリットでは、災害時にもつながりやすいという点もありますよ。

パソコンでインターネットを行うときのメリットには、文字入力の手軽さがあります。スマホから文字を入力するときは、特殊な打ち方をしなくてはなりません。フリック入力といって、指を画面に押し当てて動かしながら文字を入力する方法です。今までのように、該当する文字のキーを押す入力に慣れていた方には、難しいですね。

画面の切り替えもパソコンのほうがスムーズですし、オフィスなどの専用ソフトを使うときも、
パソコンのほうが便利です。

では、固定電話・スマホ・パソコンを使う場合、どうやって通信費を節約すればよいでしょうか。

答えは簡単です。回線をまとめてしまえばいいんです!

現在は大手キャリアから、光回線を用いて通信を一本化できるサービスが普及しています。〇〇光という名称で、知られていますね。格安スマホを販売している企業の中には、光回線を展開している企業がたくさんあります。BIGLOBEやDMMなどのが有名ですね。

実は、光回線と格安スマホをセットで契約すると、セット割引が適応されます。
自宅のネット回線と、格安スマホの回線を別々に経緯やくするより安いので、とても便利ですよ。

BIGLOBEの場合、セットで契約すれば月額7000円程度で済みます。固定電話があったとしても、月額1万円以下に抑えることは十分可能ですよ。

光回線に対応した料金プランを選ぶという条件はありますが、通信費が格段に安くなることを考えると、それほどデメリットにはならないでしょう。

自宅でスマホを使うときは、モバイルルーターを使って光回線を使いましょう。こうすると、スマホ本体で使うデータ通信料を大幅に抑えることができます。もともと光回線は定額制ですから、データ通信の容量に制限はありません。

光回線の力を借りて、スマホの通信容量を抑える。

格安スマホで通信料を節約するなら、ぜひ導入していただきたい手段です。インターネットがあふれる現代において、通信費の節約は重要な課題です。

毎月の「固定支出」として、節約が難しい分野だったのは昔の話。今は格安スマホという便利なツールがありますから、活用しないのは損です!

この記事を読んでいる方におすすめの記事

格安スマホってなに?
安いスマホ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク