【普通のスマホ】vs【格安スマホ】どのくらい料金安くなる?

格安スマホの魅力を解説!
格安スマホ・格安SIMとは?
【普通のスマホ】vs【格安スマホ】どのくらい料金安くなる? ←今ココだよ
【格安スマホ】にデメリットってあるの?
格安スマホユーザーの満足度は100%!皆さん満足されている。

キャリアスマホは平均8千円!格安スマホは平均3千円以下!
夫婦二人で毎月1万円以上お得に!

1年で12万円お得!毎年旅行に行けるやん!!

大手3大キャリアの平均は8000円~10000円程度の利用料金

ドコモ・au・ソフトバンクの、大手3キャリアの料金は、基本使用料などを合わせると、毎月8000~10000円程度となっています。スマートフォンの場合、通話料やパケット通信料を定額にするのが基本。どのキャリアでも、携帯電話の使い方に合わせて、細かくプランが選択できるようになっています。通話や通信に関連する部分の料金を見てみましょう。

ドコモ場合、通話主体の「カケホーダイプラン」が、2700円。データ通信に限定した「データプラン」が、1700円です。ここにインターネット接続サービス料と、パケット通信料が加わり、毎月の利用料金が決定します。

パケット通信は家族で利用できる「シェアパック」と、一人で利用する「データパック」に分かれます。ソフトバンクの場合、時間無制限で通話し放題の「スマ放題」が2700円、5分以内なら通話し放題の「スマ放題ライト」が1700円です。

パケット通信料は、1G(ギガ)から30Gまで、好きな容量が選択可能。合計金額は、通話と通信料のプランに加え、ウェブ使用料が加算されます。

auの場合、5分以内の通話が定額でかけ放題+家族内通話が時間関係なくかけ放題になる「スーパーカケホ」が、1700円となっています。そのほかは、カケホーダイが2700円、通話を控えめにするLTEプランが934円です。パケット通信料は1~30までを選び、それぞれの容量に応じた通信料が加算されます。紹介した料金は、割引サービスを適用する前のものなのでご注意ください。

格安スマホは平均すると利用料金は3千円程度!

格安スマホの場合は、キャリアによって異なります。平均すると3000円程度が、毎月の利用料金の目安です。

格安スマホのプランの特徴は、音声通話可能のプランと、データ通信専用プランのどちらかを選択する点です。
データ通信専用プランの場合、電話回線は050から始まるIP電話を使うことになりますので、毎月の利用料金を3000円以下に抑えることも可能になります。前の携帯電話の番号を引き継いで、080・090・070から始まる番号でかけることも可能です。
ただし、メールアドレスの引継ぎはできませんのでご注意ください。

割引サービスはキャッシュバック、期間限定の割引などはありますが、大手キャリアのように通年で割引が適応されるものは少ないです。もっとも、格安スマホの利用料が、大手に比べて大幅に減額されているので、あまり気にすることはないでしょう。
大手キャリアスマホと格安スマホを料金で比較すれば、かなりの違いがあります。

とにかく携帯電話の料金を節約したいのであれば格安スマホへの乗り換えはとても有効です。
一つ注意していただきたいのは、一定の期間を利用することを前提にした「年縛り」の存在です。最近は少なくなりましたが、かつては大手キャリアでよく見られた手法です。割引プランを適応する条件として、最低2年以上利用する。2年以下で解約するときは、別途手数料を必要とする。などの条件を設けたプランのことです。
格安スマホでも、一部のプランで年縛りがあるので気を付けましょう。

音声通話を利用するプランの場合、半年~1年の縛りが発生するキャリアが多いです。およそ3000円程度の手数料が発生しますので、かえって損をしてしまいます。データ通信のみのプランでは、年縛りはほとんど見られません。短期間で機種変更をしたい方は、データ通信専用プランを選ぶと良いですね。携帯電話にかかわる「料金」には、様々な種類が存在します。

大手キャリアスマホと格安スマホ。
それぞれの特徴を比較して、どちらを選ぶか決定しましょう。

格安スマホの魅力を解説! 

格安スマホ・格安SIMとは?
【普通のスマホ】vs【格安スマホ】どのくらい料金安くなる?
【格安スマホ】にデメリットってあるの? ←次はココだよ
格安スマホユーザーの満足度は100%!皆さん満足されている。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする