格安SIM会社の選び方は、自分のスマホの使用スタイルから選ぶ!

自分だけの基準だと気づかなかった事ですが、アンケートなどの結果を読んでいると、当然ですが選ぶ基準が人それぞれ違う事が分かりました。

(いや、、ほんと当然なんですが。。)

大きく分けると3タイプ

・音声通話+データ通信
・料金重視
・データ使い放題

この3パーターンです。

※『めっちゃ長電話するんですけど!』っていう方は、それがLINEなどの通話アプリはダメという方は格安スマホは不向きなのでキャリアスマホの定額制の通話プランにされた方が良いです。

・音声通話+データ通信

これが標準タイプとも言えますね。アンケートでも最も多くこのプランを選ばれる方が多いです。キャリアスマホをそのまま格安スマホにする場合、これが一番無難です。性別・年齢問わず多くの方に選ばれるスタンダードタイプです。

その場合、おすすめは
・『楽天モバイル』ドコモ系
・『mineo』ドコモ/AU系

選ぶと良いでしょう。
理由として「かけ放題プラン」がある事。国内通話5分なんどでもかけ方題というプランがある格安SIM会社だからです。
アンケートでは楽天モバイルが利用率が高かったです。理由は楽天ポイントが利用できる事と、かけ放題プランが5分を越えても半額になる事でしょう。ドコモ系のMVNOです。

AU系の方はmineoがオススメ。
データを家族・友人・知人で分け合える独自のサービスがあります。さらに「5分かけ放題」も始まったのでAU系の方が音声通話+データ通信の格安SIM会社を選ぶならココ。

・料金重視派

料金重視派という人は、【スマホをほとんど使わないけど無いと困る】という方。
アンケートで主婦の方が多かったですね。

家に居る時は家のwifi環境がある、家族の連絡はLINEで事足りる。
外出時にちょっとデータ通信できれば良い。

このような方が選びます。
一番安い最安値はDMMモバイルのデータ通信で1G付けて、LINE登録の為のショートメッセージ機能を付けても約600円でスマホを利用する事可能です。

「今までこれだけの為にドコモに高い金を払って来た事がバカらしくなる」

というコメントは印象的でした。

・データ使い放題

YOUTUBEなどの動画をガンガン観る人やYOUTUBEで音楽聴く人、他には漫画アプリなどで漫画を観たり、、とにかくデータ消費量が激しい人ですね。そういう方が選ぶのが『データ使い放題プラン』がある格安SIM会社。ただ、ここで注意しなければいけないのがこのデータ使い放題というのは「高速データ通信ではない」という事です。
【高速データ通信】と言われても、「いや別に高速じゃなくても大丈夫だから」と思う方もいるかもしれませんが、今普通に快適に使われている通信は高速データ通信と思ってもらって結構です。

ですから、データ使い放題というのは【低速データ通信】の使い放題です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする