まずは使うスマホ端末を明確にしましょう。

格安スマホの購入、格安スマホへの乗り換えの決心が付いたら次にする事は、、、

使用するスマホの確認!

である。

先に格安SIM会社を選ぶ方が先という方もいるけど、使うスマホをまず明確にする事が先と自分は思う。

なぜなら使用するスマホによっては選べない格安SIM会社もあるからです。

だったら、使うスマホを明確にして、そこから自分に合った格安SIM会社及び、プランを選んだ方が良いですよね。

格安スマホの5つの基本ルール

1 番号はどこから格安SIM会社に乗り換え可能です。(ドコモ・AU・ソフトバンクなど)
2 SIMフリー端末やSIMロック解除した端末をお使いの方はどの格安SIM会社を選んでもOKです。
3 格安SIM会社はドコモかAUの回線を(または両方)借りて運営しています。
4 例えばドコモのスマホをお使いの方はドコモ系の格安SIM会社ならSIMロッック解除せずにそのまま使えます。
5 ソフトバンクの格安SIM会社は残念ながら今のところ無い

※SIMフリー端末やSIMロック解除したスマホを使われる方はとりあえず、このページを読む必要はないので、次に行かれて構いません。

さて、ドコモ、AU、ソフトバンクから格安スマホに乗り換える場合に今お使いのスマホをそのまま使う場合や、
中古スマホを購入して格安SIMを契約する場合、

まず注意しないといけないのがSIMロック解除しなくても使えるSIM会社と、SIMロック解除しないと使えないSIM会社がある

という事ですね。

これまでドコモ ⇒ ドコモ系の格安SIM会社ならそのまま使える
これまでAU ⇒ ドコモ系の格安SIM会社はSIMロック解除しないと使えない

このようになります。

ですからまずは利用するスマホを明確にする事で簡単に乗り換えられる格安SIM会社とそうじゃない格安SIM会社がでてきます。

ドコモ系の格安SIM会社はたくさんあるのでドコモからの場合は選び放題です。
AU系は残念ながら数が少ないですが、自分がおすすめしている5つの格安SIM会社のうち2つはAU系なのでそれほど問題ではないかと思います。

ソフトバンク系は残念ながら今現在のところ格安SIM会社はありません。Y!mobileという会社をソフトバンク系のMVNOと勘違いしがちですが、あれば同じ回線を使ったソフトバンクの子会社であり、MVNOとは違います。
Ymobileは確かにキャリアスマホに比べれば安いかもしれませんが、格安スマホに比べば料金は遥かに高いですし、端末も使えません。また、ソフトバンクからすれば単なる子会社への顧客の移動ですので恩恵がありません。

ヤフオクなどのオークションを見ればソフトバンクのiPhoneなどが安く出回っている理由はそういう理由です。
SIMロック解除をして好きな格安SIM会社を選ぶ方が得策と言えるでしょう。

ちなみに、、ですが、
ヤフオクなど中古スマホを購入する場合に注意しなければいけないのが、【SIMフリー】と【白ロム】の違いです。

SIMフリー ⇒ 最初から制限がないスマホの事
白ロム ⇒ キャリアで使われていて使用していないスマホの事

AU系の白ロムのスマホを購入しても、ドコモ系のMVNOは使えません

ではここで人気の格安SIM会社がどっち系なのか見てみましょう

まとめ

このページでお伝えすることはただ1つです。
【使うスマホを明確にする】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする