格安スマホ・格安SIMとは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

格安スマホの魅力を解説!
格安スマホ・格安SIMとは? ←今ココだよ
【普通のスマホ】vs【格安スマホ】どのくらい料金安くなる?
【格安スマホ】にデメリットってあるの?
格安スマホユーザーの満足度は100%!皆さん満足されている。

スマホの毎月の料金を大きく節約できる【格安スマホ】が大人気!

格安スマホ2

スマホの料金が半額以下にできる事で今注目されているのが 格安スマホ です。

格安SIMといわれるSIMに換える事で毎月のスマホの料金を半額以下にできる事から今、格安スマホに変更する方が増えています。テレビCMやインターネット広告などでも大きく宣伝され、今や毎日のように『格安スマホ』という言葉を耳にします。

 

もちろん、スマホの毎月の料金が安くなって困るという方はいないと思います。

 

しかし、一方でこのような疑問の声がよく聞かれます。

『格安スマホに替えて大丈夫なの?何かデメリットがあるんじゃないの?』 

格安スマホ罠

 

このような疑問の声が聞かれるようになりました。確かに、格安スマホについてまだ分からない方にとっては不安に感じるかもしれません。

なにせ、ドコモ、AU、ソフトバンクなどの大手キャリアのスマホ料金で8千円以上使っている毎月のスマホの料金が3千円以下に、千円台でも十分利用できるですから何かデメリットがあるのでは?と思うのが普通です。

 

確かに格安スマホにはデメリットもありますが、そのデメリット以上に大きなメリット(スマホ料金を大きく下げれる)がありますので、しっかりとデメリットを把握すれば格安スマホに変更するのは何も怖くありません。

 

格安SIMってなに?

格安スマホを知るキーワード。「格安sim」を徹底解説!

格安スマホを知るうえで欠かせないキーワードが、格安simです。その前に、simカードという部品をご存知でしょうか?simカードは、携帯電話を使う際に欠かせないものです。

 

個人を識別するために必要なもので、これがないと携帯電話が使えません。simカードは、携帯電話の端末に内蔵されています。この中には、アドレス帳や写真、音楽のデータなどが蓄積できるほか、契約した人を識別するためのIDも記録されています。

 

simカードは、各キャリアによって呼び名が違います。ドコモのFOMAカード、auのauICカード、ソフトバンクのUSIMカードなど。機種変更をしたことがある方は、聞き覚えがあることと思います。携帯電話の核といえるsimカードは、単独で販売されている場合もあります。所有している携帯電話に別売りのsimカードを入れ替えて、通信料を安くするという手法も広がりつつあります。

 

このとき重要な役割を果たすのが、格安simカードの存在です。格安simカードの回線はメーカー独自のものではなく、大手キャリアから借りたものを使用しています。

 

例えば、楽天モバイルやDMMモバイルはドコモの回線を使っています。先ほど、simカードだけを入れ替えて通信料を安くできると説明したのは、格安simカードの回線が大手キャリアのものだからなのです。価格についても、大手キャリアが端末と回線(simカード)がセットになっているのに対し、格安スマホは端末とsimカードが別売りになっていることが多いです。回線を個別ではなく、まとめて借り入れることでコストを削減しているんですよ。

 

価格が安いと気になるのは、simカードの性能ですね。大手キャリアのsimカードと、格安simカード。両者の性能の違いを比較してみましょう。

 

大手と格安でsimカードを比較すると、通信を利用できる範囲では、大きな違いはありません。回線は大手キャリアのものですから、有効範囲も同じなのです。ただ、通信の「速度」に関しては、大手よりも劣ってしまうのが事実です。通信範囲が有効であっても、大手キャリアのsimカードよりつながりにくい。という不便さが存在するのが、格安simの欠点です。

 

なぜ格安simの通信速度が遅くなってしまうのか。それは、通信回線を大手から「借りている」ために、ユーザーに割り当てられる通信回線が限られてしまうことが関係しています。スマートフォンを使う人が多くなる、12時前後や22時前後が、特につながりにくい傾向があります。これは平日の場合なので、土日祝日になると、ピークの時間も変化します。通信速度の制限は、大手キャリアでも存在します。それでも、格安simと比較すればずっと緩いもの。

 

混雑する時間帯でも、普段と変わらずに通信が行いやすいのが大手の特徴です。
格安simカードを使って通信速度を上げるためには、別料金が必要なので気を付けましょう。最後に、simカードに対する「保証」を説明いたします。スマートフォン端末と同じく、格安simカードに対する保証にも制限が付きます。端末に比べれば故障や破損が少ないsimカードですが、万が一のための保証は付けておきたいもの。
simカードが大手キャリアのものなら、無料で新しいカードに交換することもできます。
(条件によっては、有料になる場合があります)

 

対して格安simの場合は、有料となることが多いです。もともと「格安」にしているのは、オプションや保証を極力削っているからでもあるので、仕方がないといえるかもしれません。スマートフォン本体と同様、simカードについても性能の違いがあります。このことを理解していれば、幅広い選択肢から、自分に合ったスマートフォンを選べますね。

 

格安スマホの魅力を解説! 

格安スマホ・格安SIMとは?
【普通のスマホ】vs【格安スマホ】どのくらい料金安くなる? ←次はココだよ
【格安スマホ】にデメリットってあるの?
格安スマホユーザーの満足度は100%!皆さん満足されている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*