【はじめての格安スマホ】失敗しないSIMの選び方・おすすめは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
wakaba1

近年は、さまざまな企業が格安スマホに参入しています。
月額2000円、1000円以下で利用できる機種も珍しくなく、選択肢が増えています。となると、次のような疑問が出てきますね。

どんな機種を選べばいいのか。本当に乗り換えたほうが得なのか。

迷っている方も多いでしょう。

そんな時は、現在スマホをどのように使っているかを見直してください。

まずは、音声通話を主体に使っている方。

当然、格安スマホに移行する時も「音声通話対応」の機種から選ぶことになります。今使っているスマホ(大手キャリアの機種)から、電話番号を引き継げるのが最大のメリット。また、こちらから電話を発信する時も、相手の機種を問わず通話ができます。利用料金はやや高めになりますが、それでも3000~4000円程度に抑えられます。

大手スマホなら10000円近くする機種もありますから、節約にはうってつけと言えるでしょう。
格安スマホの音声通話プランは固定されているので、わかりやすいのもメリットですね。
データ通信に関しては、1~3GB程度あれば十分でしょう。

メールやSNSなど、通信容量が少ないツールしか使わない、インターネットに長時間接続しない。

という方であれば、通信データ容量は極力少なくして、利用料金を節約しましょう。

データ通信主体で使う場合でも、スマホを1台で持つなら音声通話対応を選んだほうが良いです。

音声通話を非対応にしてしまうと、大手キャリアからの電話を受けられなくなってしまいます。

通話はLINEでもできる、と思う方がいるかもしれません。
しかし、LINE通話ができるのは、LINEアプリを利用している人が対象です。LINE Outという拡張機能を使えば、LINEを利用していない人にも通話可能ですが……。

実は、LINE Outを使うには、音声通話に対応している機種であることが条件なのです。

通話はほとんど使わないという方でも、周囲とのやり取りを考えれば、音声通話対応は残しておいたほうが得策です。

もちろん、メインとなるデータ通信に関しては、容量が多いプランを選びましょう。データ通信を主体で利用する場合、容量は10GB以上確保しておきたいところ。料金プランも定額制にしておけば、好きなだけ通信ができますよ。

データ主体という使い方で格安スマホを選ぶなら、2台持ちという選択肢もあります。
通話やメールなど、外部との連絡には音声通話対応の機種。インターネットやゲームを行うときは、データ通信のみの機種。このように、特徴が異なる格安スマホを使い分けることもできます。利用料金を合算しても、大手キャリアのスマホの料金と差はありません。

料金よりも、スマホの総合機能を充実させたい。そんな方には、2台持ちという選択肢も良いでしょう。

格安スマホへの乗り換えには、さまざまなメリットがあります。しかし、場合によっては負担が増加することもあるので気を付けてください。例えば、家族が同じキャリアの携帯(スマホ)を使っている場合。機種代や通話料が安くなる「家族割」がありますよね。

大手キャリアでは一般的な家族割ですが、格安スマホでは使えないことが大半です。中には家族割対応の機種も登場していますが、まだごく一部しかありません。

また、同じキャリアを長期間継続していると、割引きが発生することがあります。格安スマホに移行した場合は、この割引も適応されません。料金以外の面では、通信速度が遅くなる(混雑している時間のみ)、サポートが少ないというデメリットが発生します。

大手並みに手厚い割引やサポートを受けたいのなら、乗り換えは見送ったほうが良いかもしれません。

今のスマホの使い方を続けていくうえで、格安スマホに乗り換えることが良いのか、悪いのか。
じっくりと考えて決断を出すことが、大切ですね。

今まで紹介したのは、音声通話とデータ通信、どちらかに焦点を絞った場合の話です。とはいえ、スマホユーザーの中には、両方同じくらい使う!という方もいらっしゃるでしょう。

データ通信と音声通話、どちらも好きなだけ使いたいのなら、キャリアスマホが便利です。先に紹介した割引プランのほか、通話定額・データ通信プランも充実していますからね。

まずは通話に関して詳しく見てみましょう。

キャリアスマホの場合、家族間通話が無料にできます。近年は、一定の通話時間内なら何度かけても無料になる「かけ放題」プランも登場しています。1回の通話時間は短いけど、かける回数が多い方には、心強いプランですね。かけ放題の中でも、通話時間無制限の定額制を選べば、長電話にも安心です。最近では格安スマホにも、かけ放題プランが登場しています。

それでも、通話時間無制限でかけ放題というプランは少ないので、キャリアスマホのほうが有利に働くでしょう。相手のスマホ(またはガラケー)が同じキャリアなら、通話料金も割引可能。

通話におけるプランの充実ぶりや、割引の多さで比較すれば、キャリアスマホのほうがお得といえます。データ通信に関しても、通信の容量と速度を考えれば、大手キャリアのほうがよいでしょう。

格安スマホでも、容量無制限で使える機種はあります。
それでも、通信速度で見てしまえば、大手キャリアにはかないません。データ通信を大量に使う方にとっては、速度も見逃せない項目の一つ。いつでも快適に通信できて、大容量のデータもOKとなれば、キャリアスマホが便利です。

これから先、格安スマホを利用する機会が訪れるかもしれません。あるいは、すでに乗り換えを検討している方もいるでしょう。そんな方々のために、格安スマホの選び方をさらに詳しくご紹介しますね。

まず、通話主体で使うのなら「かけ放題」プランは必須。これがあるとないのとでは、毎月の利用料金もかなり差が出ます。かけ放題の時間は、1回の通話が5分~10分以内が主流です。一定の回数の通話が無料になるパックプランもありますので、それぞれの特徴をうまく生かしながら、機種を選択してください。

LINEなどアプリを使う場合は、それに対応しているかも確認しましょう。
データ通信主体に使うのなら、データ通信無制限の機種を選んでください。
うっかり使いすぎて、料金がかさんでしまった!という事態も防げます。

データ通信容量が多めのプラン(20GB程度)を選んでも良いですよ。
スマホの使い方に合わせて、好みの容量を選択してください。データ通信無制限プランには、通信速度の制限がないプランもあります。スムーズに通信を行いたいなら、速度制限なしの機種を探してみましょう。

通信速度無制限といっても、大手キャリア並みに操作ができるわけではありません。たくさん使えば、一時的に制限がかかることもあります。それでも、速度制限なしに比べれば快適にデータ通信ができます。

音声通話とデータ通信の両方を使うなら、スマホを1台で済ませるか・2台持ちをするかで選び方が分かれます。より充実した機能を使うのなら、2台持ちが便利。

キャリアスマホは通話+データ通信というプランが基本なので、データ通信では一番少ない容量を選択しましょう。後は格安スマホをデータ通信専用にすれば、2台持ちの準備は完成です。

2台持ちにするときは、支払いの系統が別々になる点に注意しましょう。それぞれの支払金額や方法、時期を確認してくださいね。

1台で済ませるなら、かけ放題をベースに多めのデータ通信プランという形が良いでしょう。
格安キャリアには、購入時に割引が発生するものもありますから、よりお得な機種がどれか、情報を仕入れて選んでください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*