さぁ、【格安スマホ】!毎月のスマホ料金が5千円安くなる!

さぁ、【格安スマホ】!毎月のスマホ料金が5千円安くなる!

近年「格安スマホ」というジャンルの携帯電話が流行しています。

ドコモ・ソフトバンク・auといった、大手キャリアのスマートフォンと比較しても、非常に安い料金で利用できると話題の格安スマホ。通常のスマートフォンとの違いを理解している方は、おそらく少ないのではないでしょうか。料金が安いという点以外の違いを、あなたはどこまで理解していますか?

これから機種を乗り換えようと思っている方、格安スマホについて知識を集めている方のために、両者の違いを比較していきましょう。

最も大きな違いは、オプションサービスの充実度です。大手キャリアのスマートフォンには、独自の光回線がオプションでついていますよね。ドコモひかり・ソフトバンクひかり・auひかりなど。パソコンと携帯電話の光回線を自社キャリアのものに切り替える代わりに、料金を割引するという内容です。
他にも、毎月一定の料金を払うと、映像や音楽のダウンロードがし放題のサービスがあります。auスマートパス、dストアなどが知られていますね。

こうしたオプションサービスは、格安スマホにはつけられていません。また、大手キャリアのスマートフォンには、保証サービスがついています。水没や破壊などによる端末の故障、盗難といったアクシデントに対して、キャリア側が対応してくれるもの。修理や新たな端末の購入が無料になるなど、いざというときの備えに便利です。

大手キャリアの保証サービスは、ユーザーの不注意で端末を故障・紛失させたケースでも、手厚く保証してもらえることが多いです。

一方、格安スマホの場合は保証内容が限定されていて、ユーザー側に過失があると保証の対象外になってしまうことが多いです。

ところで、あなたは携帯電話を購入するとき、どんな方法をとっていますか?

多くの場合、携帯電話会社が経営するショップが選ばれますよね。実は、格安スマホの場合、店舗ではなくネットを通じて契約・購入が行われることが多いのです。店舗を構えないことで、運営費を削減するのが目的。経費を浮かせた分を、安い利用料金という形で還元できるのです。

一部の格安スマホには、店舗を持っている会社もあります。それでも、大手キャリアに比べれば店舗数は圧倒的に少ないもの。したがって店頭ではなく、インターネットでの購入が主流となるのが特徴です。スマートフォンは、購入時に料金プランの選択や端末の設定を行いますよね。ここにも、大手キャリアと格安スマホの違いが表れています。

大手の場合、店舗スタッフ側でプランを丁寧に説明してくれたり、設定を行ってくれる場合が多いです。対して格安スマホは、自分でプランを調べて、設定を行う必要があります。ただ、格安スマホのプランはシンプルなものが多く、設定もそれほど複雑ではありません。機械に詳しくないから難しそうと、尻込みする必要はありませんよ。

こうしてみると、大手キャリアと格安スマホには大きな違いがあることがわかりますね。
単純に料金だけで比較するのではなく、購入までの手続きから購入後のサポートなど。細かな点までチェックしてから、どちらのスマートフォンにするかを決定しましょう。携帯電話は、私たちの生活に密着した存在に変化しています。スマートフォンの普及により、新たなサービスも増えてきました。格安スマホも、そのうちの一つです。

格安スマホが自分にとってメリットとなるのか、デメリットになってしまうのか。大手キャリアのスマートフォンと比較しながら、じっくり考えていきましょうね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする