【格安スマホSIM】音声通話とデータ通信

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

格安スマホのプランは、音声通話とデータ通信のどちらを選ぶべき?

格安スマホのプランは、大きく分けると音声通話とデータ通信の2通りに分かれます。

 

大手キャリアのスマートフォンのプランは、通話+データ通信+その他費用(基本使用料や手数料など)という構造になっていて、プランも複雑になりがちです。

 

その点、格安スマホのプランは内容がシンプルなので選びやすいのが特徴ですね。

 

音声通話とは、携帯電話から直接発信して通話を行うことです。電話番号は、大手キャリアの番号を引き継いで使用できます。
データ通信の場合は、大手キャリアの電話番号で発信することができません。電話を受けるときも、大手キャリアからの番号を受けられないという制限が付きます。

 

こうした特徴を踏まえて、どちらのプランを選択するか決定しましょう。仕事を含めた日常生活で「通話」を使う機会が多いなら、音声通話対応のプランを選んでください。格安スマホで音声通話を使う場合、30秒20円とかなり割高になります。

そのため、各キャリアの音声通話プランを比較し、どれが自分に合っているかをよく検討しましょう。データ通信のみ(音声通話非対応)を選ぶなら、音声通話に代わる「通話」機能を探す必要があります。近年流行している無料通話アプリ、ラインやカカオトークなどを使ったり、インターネット回線を利用したIP電話を使うなど。色々な工夫を凝らして、通話にも対応できるようにしておきましょう。

 

通話も利用するか、データ通信主体にするか。

どちらにしようか迷っていたり、途中で使い方が変わるかもしれない。そんなときは、途中でプランの切り替えが可能かを確認しましょう。別のプランに変更しても、解約手数料はかからない。それなら安心して、格安スマホを使えますよね。プランの次は、端末の選び方に注目です。

 

格安スマホの場合、携帯電話の核となるsimカードがセットになっているものと、端末のみを販売しているものがあります。
店頭で販売されている格安スマホは、simカードがセットになっていることが多いですね。インターネット通販で購入するときは、simカードが別売りになる場合が多いです。

 

問題はどちらの形態を選ぶかですが、格安スマホを始めて使う方や、通信設定などの負担を軽くしたい方なら、店頭で購入するほうが良いでしょう。端末とsimカードを別々に購入した場合、自分で設定をしなくてはなりません。設定の内容はそれほど難しくないとはいえ、機械になれていないと戸惑うこともあります。あらかじめsimカードが端末に内蔵されているなら、設定は完了しているので心配ありません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*