ガラケーと格安スマホの2台持ちで通信費を節約

img_difference01

まず固定回線として、NTT東日本の「フレッツ光」のNマンションタイプ1B、VDSL方式に契約しています。プロバイダは「楽天ブロードバンド」です。
加えてau携帯(ガラケー)とBIGLOBE LTE・3G(格安スマホの1つ)に契約しています。BIGLOBE LTE・3Gは月あたり契約容量が3GBの「エントリープラン」です。
また自宅にはI・ODATAのWi-Fiルーターを設置しています。

フレッツ光はそれ自体の利用料が3250円、ひかり電話の基本料が500円、レンタルモデムの使用料が450円、ナンバーディスプレイ使用料が400円、ユニバーサルサービス料2円、これにひかり電話の従量通話料と消費税が加わり、毎月5000円前後です。楽天ブロードバンドは月972円(税込)です。

au携帯は「プランEシンプル」のコースで、基本使用料は1486円、これが「誰でも割」で50%引、743円です。これに通信基本料としてのEZ WIN使用料300円、ユニバーサルサービス料2円と消費税です。通信はメール送受信についてはいくら利用しても無料です。従量通話料と通信料は別に要しますが、通話は「楽天でんわ」を使っており、10円/30秒に加え消費税ですが、多くても月100~200円程です。こちらのメール以外の通信は現在使っておりません。

BIGLOBE LTE・3GについてはBIGLOBEのサービス基本利用料(ベーシックコース料金)200円、エントリープラン利用料700円、アシストパック(機器代金分割)料が1380円(24ヶ月継続)、端末あんしんサービス380円、それにユニバーサルサービス料2円と消費税です。

■通信費の節約の為にしている事はありますか?しようと思っている事はありますか?方法を教えてください。
AndroidとWindowsのWi-Fi専用タブレットを使っています。これらはWi-Fiなしの出先でもテザリングして通信が可能ですが、新聞電子版や電子書籍などはWi-Fiありでしかも十分、確実につながるところの場合以外はほとんど自宅でダウンロードしておき機内モードで読んでいます。
あとauのガラケーではそれ自体についている20円/30秒+税の通話メニューは絶対使わず、先の楽天でんわ、またはBIGLOBEスマホの端末でIP通話アプリを使うようにしています。

■今の通信環境に満足していますか?
極端に不便な点はありませんが、光回線でもWebサイトを読み込むのが重くなったり、Wi-Fiが途切れることがあるなどの問題が生じます。
フレッツ光についてはいくつかの代理店が出す「直接引き込みの超高速タイプ」のチラシをよく目にし1回申し込んだこともありますが、数が集まらなかったためでしょうがVDSLのままです。もっと簡単、迅速に超高速に変更できたらと思います。

■格安スマホについて興味ありますか?もしくはすでに利用されていますか?
先に挙げた「BIGLOBE LTE・3G」を利用中です。
4年少し前、3Gのみのときから契約継続中で、端末は3台目で、2台目もWi-Fi専用で利用を続けています。
新しい端末は富士通の””arrows M02″で、おサイフケータイ付になったため、ガラケーでの通信費をかけてチャージやアプリ更新をする必要がなくなりました。

infomation

毎月のスマホ料金が安くなる格安スマホ!
気になる格安スマホを管理人が全部契約して試してみました!
ドコモやAUなど大手キャリアスマホを使っている方は毎月の通信費を大きく節約できる格安スマホ
詳しくはコチラ
安いスマホ ランキング

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク