ビッグローブの格安SIM エントリープラン

ビッグローブスマホ

現在BIGLOBEの”BIGLOBE LTE 3G”を月間高速通信容量3GBの「エントリープラン」で運用中です。

使用機種は富士通の”ARROWS M02″で、契約とセットとなる「アシストパック」で購入しました。2012年(平成24年)10月に初回契約して以来3台目の端末です。最初の端末はNEC-102(MEDIAS)で、加入時に期間限定でBIGLOBEからセットで無料入手しました。2台目はSHARPのAQUOS SH90Bです。

エントリープランの月額料金はBIGLOBEサービスでのメールアカウントなどの基本使用料(ベーシックコース料)が200円、エントリープランそのものの料金700円、アシストパック料が1380円、端末あんしんサービス380円(これら2つは24ヶ月間)、ユニバーサルサービス2円で、これらに消費税が加わって2876円となります。

なお加入後2014年の6月まで、AQUOS SH90Bに変更前は2:00~20:00までのみ3G回線利用可の”BIGLOBE 3G”で、月のプラン使用料が1770円(税込)で、さらに前記のベーシックコース料が210円(同)で加算でした。

満足度としては、BIGLOBEがNIFTYなどとともにPC通信時代から実績のある超大手のプロバイダで加入時にきちんとしたメールアカウントも提供してくれる事業者ということで安心感があります。またこうしたことから初心者に対するサポートもMVNOとしては充実している点でも優れています。さらに以前は3日間で600MBという通信容量制限がありましたが去年の9月には撤廃されたことで利便性の増加を実感しています。

不満な点は、契約者向けの無料Wi-Fiを利用できるようになってはいるもののスポットが全国むらなく広がっている状態には程遠く、外出時はほとんどLTEでの接続になってしまう点です。またコスト削減による低料金実現のためにドコモの回線を使っている悲しさか、ランチタイムや人の多い所では速度が遅くなり電池も減りやすくなる感じという点も少し不便を感じます。

また現在のARROWS M02には購入時には後継機としてM03が出ていてどちらにするか悩みました。しかしM03にはあるワンセグがないためNHKの受信料攻撃を避けるために効果が感じられそうなことやわずかながら安いということでM02にしました。しかし価格.comやアマゾンでは画面割れを起こしやすい欠陥機種との指摘が多く、この先どうなるか心配です。

格安スマホにしようとしたキッカケ

格安スマホにしようと思ったのは長年auガラケーを使ってきて(現在も使用中)PCのメールやサイトをチェックできない(PCビューアーを使えばできるが、画面が見にくいうえ通信費が高い)ことやPDFやワードのファィルを閲覧できない点に不便を感じていました。これらはスマホでは可能と知っていましたが料金が高くなりそうなのであきらめていました。そんな中広告を見て「これだ」と思い格安スマホに契約したのです。

■今悩んでいる方におすすめしますか?

最後に「今悩んでいる方におすすめしますか?」についてです。格安スマホは原則としてSIMカード挿入や設定まで自前でやるので、こうした手間を厭わずに節約したいという方にはおすすめできますが、これらを面倒と思う方にはちょっとおすすめできないかなと思います。

この記事を読んでいる方におすすめの記事

格安スマホの事についてもっと知りたい方は
一番安いスマホ

ビッグローブスマホはこちら
ビッグローブスマホ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク