安心のネームバリューで選んだ【楽天モバイル】

替える価値はあります!

ドコモユーザーでしたが通信費節約のため一昨年から楽天モバイルを使用しています。お陰で通信費は2000円弱まで減りました。

楽天モバイルを選んだ理由は、「楽天」という名称が付けられていたからです。変更当時は多くのMVNOが存在しており各社のサービス内容や料金も拮抗している状態でした。

そうなると最終的な決定材料になるのはネームバリューや安心感・信頼度ではないかと思います。

信頼度という面から見ると、当時のMVNOとしては珍しく実店舗があることは実際に店舗を利用することがなかったとしても安心感を与える要素だったと思います。

楽天モバイルはドコモ回線を使用して通信を行うため既存のドコモスマホをそのまま使い続けることも可能でした。しかし機種も古くなってきていたのでこの機会にスマホも交換しようと思い別のものを探しました。

タブレットがXperiaだったので、どうせならスマホも揃えようと思いSIMフリー版のXperiaZ2を購入しました。キャリアから販売されているスマホにはキャリア独自のアプリが入っており、バッテリーの減りが早かったり通知回数が多いようです。それで今回はSIMフリーを選択した訳です。

スマホはネットオークションで購入し楽天モバイルではSIMのみを購入しました。

さて、そもそも格安スマホにしようと思ったのは、当たり前ですが格安だからです。楽天モバイルのプランは大きく分けると、データ通信のみのプランと通話+データ通信の2つです。おそらくほとんどのMVNOがこの形態ではないかと思います。

データだけであれば最安は525円です。主はWi-Fi通信で時々外で使う方にはおすすめかもしれません。

今現在私が使用しているプランは「通話+データ3GB」です。ラインやフェイスブックでよくやり取りをしますが充分な容量です。余った通信料は翌月に繰り越せるので無駄なく使えます。

一つ注意点は3日間の合計通信容量が制限されていることです。この制限値は契約プランにより異なりますが、3GB契約の場合は3日合計が540MBまでです。

この制限値まで残りいくらかはアプリで確認できますので楽天モバイルアプリは必須です。

最近では5分以下の通話が回数制限なく無料になるオプションも有料で設定できるので、短時間の通話を何度もされる方にはおすすめです。

おそらく、格安スマホという名称や自分で機械の設定をしなければいけないのではないか…という理由から敬遠されがちです。

しかし!最近の格安スマホは結構性能も良くキャリアの機種にも引けを取りません。また楽天モバイルで機種も同時に購入すればすぐに使える状態で届きます。

思った以上に安心して使えると思いますのでぜひ次回のキャリア更新月には検討してみてください

infomation

毎月の通信費を安くしたい!
そんな方にオススメなのが今人気の格安スマホ!
ドコモやAUなど大手キャリアスマホを使っている方は毎月の通信費を大きく節約!
詳しく知りたい方はコチラ
一番安いスマホ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク