キャリアの提供するサイトで一番安くなる契約をシミュレーションしている

ガラケースマホ

スマホ3台(android端末1台、i-os端末2台)、携帯1台、ネット固定回線:CATV 2Mbps

スマホ+携帯 20,285円(キャリアDOCOMO)
(基本使用料8,534円、パケット定額料10,100円、その他利用料金ー7,603円、端末分割代金 7,581円、消費税1,673円)

CATVインターネット 2,500円

通信費節約のために、スマホの料金形態が変わる都度、キャリアの提供するサイトで、一番安くなる契約をシミュレーションしている上、極力、Wi-Fiの使用できる環境では、Wi-Fiに切り替えて使用している。

また、自宅ではインターネット回線にWi-Fiで接続できる環境にしている。

■今の通信環境に満足していますか?

今の通信環境は、現状の使い方(ネット閲覧、アプリ使用、SNS、オンデマンドナビデータ通信)の範疇では特に問題は無いので不満は無いが、通信費の基本使用料とパケット定額料を合わせて19千円/月になるのは、高すぎると個人的に思っているが、現状では通信回線を占有していて、他に優位性があるのは、3大キャリアなのでどうしようも無いと思う。

いずれにしても1台osがandroidのせいか、昔に比べれば良いものの、フリーズが良くあるので、次回はi-osの端末にしたい。

■格安スマホについて興味ありますか?もしくはすでに利用されていますか?

格安スマホには興味があるが、契約してしまってから、現状の使用環境以下のSpecだったり、使用可能エリアが狭かったりすると、安かろう悪かろうなので、今は周囲での実際の使用感レポートを待っているところです。

特に気にかかるのは、3大キャリアであれば同一契約間の電話は無料なのに対して、どのような契約になるのか気になるところがあります。
うちは固定回線を持っていても使わないので、連絡を取るのであれば、各々に電話を持たせて、SNSや電話で連絡を取るような方法をとっています。

また、格安スマホは通話料を基本料金にふくまない分、通話料が割高なので、最近の企業の代表回線で多い、ナビダイアルなどのいちいちメッセージを発して待たせる
有料サービス経由で電話した場合、電話料がすごく高くなる懸念がある。

その上、格安スマホを展開しているキャリアでの取り扱い機種は、osがandroid機種が多く、i-osでのサービスを提供しているキャリアはY’mobileしか選択肢がなく、
しかも、提供しているi-os機種は2世代前の機種で、月額料金が3大キャリアと遜色ないほど高い為、現状からわざわざ切り替える魅力が感じられません。

infomation

毎月のスマホ料金が安くなる格安スマホ!
気になる格安スマホを管理人が全部契約して試してみました!
ドコモやAUなど大手キャリアスマホを使っている方は毎月の通信費を大きく節約できる格安スマホ
詳しくはコチラ
一番安いスマホ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク